加藤産婦人科へようこそ

岡崎市子宮がん検診について


岡崎市子宮がん検診の受診券をお持ちの方は、


          当院にて、個別検診を受けられます。




この機会に、ぜひ、検診を受けておきましょう。


 


 




<受診券に関する問い合わせ先>


岡崎市保健所健康増進課健康増進班 




▼対象/子宮がん検診受診券がある市内在住の女性




▼日時/岡崎市が取り決めた期間内の診療日




▼場所/当院を含む協力医療機関


      (集団検診は、岡崎市医師会はるさき健診センターなど)




▼内容/


(1)問診・視診・内診・子宮頚(けい)部の細胞診


(2)(1)に加えて子宮体部の細胞診(医師が必要と認めたかたのみ)




(3) HPV検査は子宮がん検診をされた方のみ追加可能




▼費用/


岡崎市が取り決めた自己負担金額


検診料免除、又は無料クーポンとなっている方があります。(岡崎市が指定)








▼受診券申込方法/


受診券のある方のみが対象者です。




保健所にお尋ねください。






*自覚症状や心配のあるかたは保険診療となることがあります。


*受診券・健康保険証・診察券などをお持ち下さい。






当院での子宮がん検診の流れ








  当院では、問診・視診・子宮頚部細胞診・内診


   に加えて、経膣超音波検査を行います。






当院では子宮頸がん検診については




液状細胞診を採用しています。




  子宮がん検診と同時に


        HPV検査を行うことができます。


          






 注意事項




  ・ 月経時期は、検査ができません。


    常に、不正出血がある場合は、ご相談下さい。




  ・ 診察所見によっては、


    健康保険のお取り扱いとなる疾病が


    発見されることがあります。


    その場合、健康保険自己負担金が


    生じますのでご了承下さい。




   (補足)経膣超音波検査により、


    子宮筋腫や卵巣のう腫などが診断されると


    健康保険取り扱いによる費用が発生します。


    病気が発見されなかった場合には、


    経膣超音波検査の費用は、かかりません。


    経膣超音波検査を希望されない方は、


    診察時に、必ず、申し出てください。




 


  ・ 子宮頚がん検診のみの場合には、


    検査結果用紙は、


    郵送可能です(普通郵便代要)。






HPV検査について




HPVとは、ヒトパピロマウィルスのことです。


HPVには、いくつものタイプ=型 があります。


一部のHPVは、子宮頸がんの原因ウィルスとなります。


がんを生じさせる恐れのあるHPVの型は、いくつかあります。


それらをハイリスク型HPVとしてまとめて検査をすることができます。




HPV検査は、子宮頸がん検診と同時に行うことができます。


(ただし、子宮がん検査が保険診療の場合は除く)




岡崎市では、この検査に対しても、受診券により公費で助成が受けられます。



この機会にぜひお受けになることをお勧めします。